次の元気印は、大豆たん白の吸収を助ける「大豆ペプチド」です、大豆ペプチドは良質のたん白の消化吸収を助けます。さらに体脂肪の面賞を促進する働きも持っているマルチな元気印です。
筋肉づくりに重要な栄養素のひとつタンパク質。アミノ酸が数百個結合した化合物がタンパク質です。摂取されたタンパク質はどのように筋肉づくりに活かされているのでしょうか。酵素で分解されたタンパク質は、アミノ酸が2、3個結合した「ペプチド」というかたちで体内に吸収され、アミノ酸に分解、再び体内で結合し、筋肉になります。
 分解されたアミノ酸は、同じように骨・血液・爪・髪・ホルモンなどを作るの材料にもなります。つまり、内蔵に負担をかけずに吸収されるタンパク質のかたちが「ペプチド」です。
運動後30分間のタンパク質が重要
運動によって、筋肉は一旦損傷し、その後筋線維を修復させる働きで、より丈夫で、強くなっていきます。この行程が『超回復』。この行程を「ペプチド」が力強く促進します。成長ホルモンによって筋肉が作られるのですが、このホルモンの分泌が盛んになった時、アミノ酸が血中に存在していれば、効率よく筋肉づくりが進むのです。
成長ホルモンの分泌が多く見られるのは、運動後約30分間と、就寝後1〜3時間です。特に運動後にアミノ酸が毛血中に存在するように「タンパ質」「アミノ酸」「ペプチド」系の食品を摂取すれば効果があがります。(食品によりせっしゅする時間は運動の前後で異なります)