豆腐加工適性に優れ、広域適応性のある多収品種。我が国で最も多く栽培されている品種。

主な生産地
東海・近畿・四国・九州地方

加工上の長所・短所
高タンパクで豆腐にした時、固まりやすく硬い豆腐ができます。また、豆腐に加工する際の収率が高く、豆腐・油揚げ用原料として高い評価が得られています。へその色が淡褐色であることと、蒸煮した時やや硬く出来上がるため、煮豆にはあまり向いていません。
栽培上の長所・短所
広域適応性のある良質多収品種であり、草姿良く倒伏にも強いので密植栽培にも適応できます。しかし、早播きの場合の耐倒伏性は“中”程度となります。褐斑粒の発生は極めて少ないです、がネコブセンチュウ、葉焼け病、さび病には強くありません。