外観品質がよく広域適応性の高い中生種、麦あとの晩播栽培にも適する品種です蛋白質含有率が高く豆腐加工に好適で味噌加工にも向きます。

主な産地
関東・東山・北陸・近畿・中国地方

加工上の長所・短所
長所:蛋白質含有率が高く、豆腐に適しています。淡色味噌、赤味噌のどちらにも向いています。
短所:ウイルス病発生地帯では褐斑粒が発生します。
栽培上の長所・短所
長所:栽培適地が広い品種です。晩播適応性があります。
短所:ダイズモザイク病抵抗性が「中、ダイズシストセンチュウの抵抗性が「弱」です。